新宿の薄毛治療を専門としているクリニックに通院して処方薬を服用する

薄毛治療を専門に行っているクリニックに通院

薄毛治療を専門に行っているクリニックに通院新宿のクリニックで正式に治療を受けることに

30代になったころ、朝起きたときに枕の周りに抜け毛が散らばるようになりました。
最初は仕事のストレスや疲れがたまったことによって抜け毛が増えたのだろうと軽く考えていました。
しかし抜け毛が改善することはなく、家族からも頭皮が目立つようになったと指摘されたので、皮膚病のようなものに罹患したのだろうかと不安になりました。
そこで普段から健康診断を定期的に受けている病院で、診察を受けることにしました。
皮膚科で診察を受けたところ、頭皮には問題がないけれど、一応は血液検査をしましょうということになりました。
その結果、検査でも異常が見つからなかったので皮膚科の医師からは男性型脱毛症の可能性があると指摘されました。

先進的AGA治療(毛髪再生治療法)は、新宿メディカルクリニックへ
【新宿メディカルクリニック】AGA・薄毛治療 無料カウンセリングhttps://t.co/MBni5SAjQK pic.twitter.com/ZWOQABBn6X

— zentakohlia (@zentakolia) 2017年11月14日
ただ皮膚科では頭皮の状態を改善するなどの薬を処方することができるけれど、男性型脱毛症に効果があるとされる薬は処方できないと言われました。
専門的な治療を受けたいというときは、薄毛治療を専門に行っているクリニックに通院したほうがいいとすすめられたので、考えるようになりました。
薄毛治療を専門に行っているクリニックでは、健康保険が適用されないため、診察費や治療に使用する薬などは全て自己負担になってしまいます。
そこで治療を受けることに迷っていたのですが、仕事柄、多くの人と接する機会が多いので、自分の薄毛がさらに進んだらコンプレックスを抱くようになるのではないかと心配になりました。
周囲の目が気になってしまい、仕事に集中できないのは避けたいという考えがあります。
それに50代や60代であれば薄毛であっても加齢によるものだと諦めがつきますが、まだ30代だということで改善を試みたいと考えました。
大学時代の同級生と同窓会で再会しても、薄毛に悩んでいる人はほとんどいませんから、やはり自分の年齢で薄毛になるのは嫌だと実感しました。
そこで新宿にある薄毛治療を専門に行っているクリニックに問合せをして、まずはカウンセリングをしてもらうことにしました。
カウンセリングは無料だということだったので気軽に行くことができましたし、自分に治療方法は合わないようであれば、諦めようという気持ちがありました。
カウンセリングをしてくれたのは、医師だったので少し驚きましたが、薄毛になるメカニズムや原因について丁寧に教えてくれたので勉強になりました。
私の薄毛の原因についても、いくつか可能性があるとわかりましたし、原因に合わせた治療を行うことで高い改善効果が得られるとわかりました。